自転車大好きマップ
ログイン

自転車走行位置指定の分類

自転車レーン

車道上で、車の車線と白線(破線を含む)で区切られたもの
車はレーンに入ってはいけない
車と同一方向への一方通行

 

自転車走行位置表示

車道の一部を色分けしたりマークを表示したもの
車の車線との間に白線はない
車と走行場所を共有する
車と同一方向への一方通行

 

自転車道

ブロックや柵などで車道、歩道双方から分離されたもの
自転車は歩道やこれ以外の車道を通行してはならない
原則として双方向通行

 

●歩道上の自転車通行帯

歩道の一部を色分けしたりマークを表示したもの
歩行者優先で歩行者がいる場合は徐行
双方向通行だが、標識により通行方向の指定は可能

 

 現在、多くの自転車専門家は、自転車・歩行者双方の安全性、設置コストの低さの点から自転車レーンおよび自転車走行位置表示を推奨しています。
 歩道上の自転車通行帯は、歩行者との分離が実質的になされない(多くの人が守らない)、自転車が車道から見えにくく交差点で自転車が突然飛び出す形になり事故になりやすい、自転車本来の走行性能が発揮できないなどの点で推奨されていません。